【Montessoriちゃいるどはうす中吉田_003】いないいないばぁ遊び(先生バージョン)

〈ねらい〉 担任の顔に親しむ

〈材料〉 靴の空き箱・担任の顔写真・ラミネート・透明テープ

〈作り方及び説明図・完成図〉

前回はイラストを透明テープで巻いて貼り付けただけだったので、遊んでいるうちに曲がったり破けたりすることがあった。今回はラミネートをして強度を高めたので、半月ほど出しているが壊れる様子は見られない。四人の担任の写真で作り、週ごとに変えて出している。

以前作ったイラストの箱の間に置いている。

  

〈子どもの様子〉

始めは不思議そうに少し離れたところからのぞくように見ていたが、マスクを外して素顔を見せて「〇〇せんせいだよ」と声をかけると、写真と顔を見比べたり、写真を触って笑顔を見せるようになった。保育士が「いないいない、、、」と言うとタイミングを合わせて「ばぁ!」と楽しんでいる。

つかまり立ちができるようになった低月齢の子たちも、上体を教具棚で支えて両手を使ってめくれている。

(A君)教具棚に近づくと、指さして「てんて(せんせい)」と言う。

(B君)箱を両手に抱えて顔を近づけてキスをした。

隣の1歳児クラスの子もお部屋にきて「〇〇せんせい!」と喜んで遊んでいる。

  

 

 

 

 

 

1+