【Montessoriちゃいるどはうす中吉田_027】牛乳パックフレーム

〈ねらい〉粗大遊び(段差をまたぐ、くぐる、よじのぼる、座る)

〈材料〉牛乳パック、新聞紙、ガムテープ、レジャーシート

〈作り方及び説明図・完成図(写真)〉

牛乳パックの中に新聞紙をたくさん詰める。8つの牛乳パックを繋げて大きな正方形を作る。その上に壁紙シートを貼り付ける。子どもたちの興味・関心を引くために、可愛い柄のシートを表面に張り付けた。(新聞紙を牛乳パックの中に詰めたのは、強度をつけるため)

 

 

〈子どもの様子〉

ハイハイやズリバイ、歩行で興味深そうに近づく。高月齢児は立ったままフレームを跨いで中に入りちょこんと座って嬉しそうにする。低月齢児はハイハイやズリバイで段差をよじのぼって中に入ろうとする姿が見られた。

フレームを縦にして保育士が正方形のトンネルのように頭からくぐる姿を見せると、真似していた。今まで雨の日に室内で使っていた長いタイプのトンネルは、一人で出口まで進んでいけない子も、顔をのぞかせてすぐにくぐれる今回のタイプは怖がらずに行う。

「ばぁ」と言って顔を出す子も多く、自然と子どもたちの大好きな「いないいないばぁ」遊びとしても楽しんでいる。

0